【淡路島】国営明石海峡公園の大型遊具で遊んできた!アクセスと料金をチェック☆

淡路島には子供が遊べるスポットがたくさんありますが

遊具のある大きな公園、といえば「国営明石海峡公園」です!

0歳3歳を連れて行ってきましたがとっても楽しめました😊

アクセス方法や注意点などをまとめますので、ぜひ参考にしてください☆

広い公園だから入り口に注意!駐車料金と入園料がかかります

明石海峡公園の場所は淡路I.C.を降りて国道28号を南へ5分🚙

明石海峡大橋を渡ったらすぐ着きます^^

ただ、公園自体はものすごーく広くて、入り口や駐車場も複数あるのでちょっと注意です!

大型遊具や授乳室に近いのは淡路口ゲートです。

淡路IC方面からだと、「南鵜崎」の信号を越えてすぐ。

信号のない交差点を右折して入っていくことになるのでちょっとわかりにくいですが

交差点には「国営明石海峡公園」「淡路口 入口」と書いてあるので、見落とさず曲がりましょう!

↑ココを右折です!

 

駐車場は広いので、混んでいる日でも、車がいっぱいで止められない!ってことはなかなかないと思います。

駐車料金は1日500円です。

公園の入園には、15歳以上の大人が450円かかります。

15歳以下は無料!中学生まで無料ってなかなか嬉しいですね!

入り口のゲートのところに発券機があるので、ここで入場券を買って入ります。

発券機のところに、持ち込み禁止物についての注意書きもありました。

安全のために、キックボードや自転車は持ち込めないみたいですね。

公園内での虫や植物の採取も禁止されているので、虫かごや虫取り網も持ち込めません。

 

淡路口ゲートを入って左側に進むと、まずはひろーい芝生広場。

かなり広いです。そしてこの芝生広場の向こうに、大型複合遊具(夢っこランド)があります。

滑り台がたくさんー!

屋根付きの遊具や、船の形をした遊具も。

噴水やじゃぶじゃぶ池もあるので、夏場は水遊びがカナリ楽しそう!!

着替え必須です!笑

↑船の遊具&噴水

じゃぶじゃぶ池↓大人は屋根付きのベンチで座って見守れるのでいいですねw

屋根付きのベンチはけっこうアチコチにあって

座ってお弁当を食べるのにも最適です☆

ランチスポットが遠いのが難点。お昼は持参が無難かも・・・

ベンチもあるし芝生も広いので、お昼ご飯を食べる場所には困らないのですが

売店やレストランが遠いことが盲点でした・・・!

何かしら売店か屋台かあるっしょー☆と無計画に行った私たちが甘かったです^^;

芝生広場にたこ焼きの屋台は一つだけありましたが。

売店とレストランは、公園内の一番遠いところ!!

歩けない距離ではないですが、子供の足だとけっこうかかると思います・・・!

うちは3歳息子が抱っこ抱っこマンなので、歩いていくのは断念。

とりあえず子ども達だけ食べさせました(大人は何か適当に買おうと思っていて、子供のおにぎりしか用意してなかったのです;)

お昼ご飯は事前に用意していくか、けっこう遠いということを頭に置いておいたほうが良いかと思います!

大型遊具から売店まで歩く途中には「子供の森」という、もう一つ遊具コーナーがあるので

そのあたりでうまく気分転換しながら行くといいかもですね☆

授乳室やキッズスペースもあって赤ちゃんでも楽しめることが分かった!

淡路口ゲートを入ってすぐのところに

「パークセンタービジター棟」という建物があって

トイレや授乳室も完備されているのですが

この建物の2階に、キッズコーナーがありました!

プレイマットも敷いてあって、おもちゃも置いてあるので、これなら0歳児でも楽しめます!

このビジター棟では工作等のイベントをしていたりもするので

上の子が工作をしている間、まだイベント参加が難しい下の子はここで遊びながら待っていたり出来て

スゴク良い場所だと思います◎

 

段ボールで作った木馬(?)みたいのがあって、けっこう感動しました!✨

↑この恐竜さんたち、段ボールなんですよ~すごい!

まとめ

国営明石海峡公園は、広くて遊具たくさんだし

赤ちゃんにも安心のコーナーが完備されていて、1日あっても足りないぐらい遊べる公園でした!

駐車料金と入園料を払ってでも十分行く価値アリ☆

お昼をどうするかだけ事前に考えておけばなお安心です◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください